阪神ドラ3木浪、ドラ1近本に勝つ!来年の漢字は「挑」

[ 2018年12月16日 05:30 ]

野球少年とキャッチボールする阪神ドラフト3位の木浪(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト3位・木浪(Honda)が15日、埼玉県笠幡球場で行われた、同県内少年野球チームを対象とした野球教室に参加。ルーキーイヤーである来年の漢字を「挑」とし、その真意を明かした。

 「挑戦というか、内野争いも厳しいなか挑んでいくわけですから。何をやるにしても、『挑』という字が合っていると思います」

 本職の遊撃は鳥谷、北條らライバルがひしめいており激戦必至。その分、乗り越えたい思いが強いからこそ、その先の目標までしっかり持っている。

 「もし試合に出られるなら、100安打は打ちたいという思いがあります」。指針となるのが青森山田の同級生で、1年目に149安打を放った中日・京田。「超えるのはきついかもしれないけど…」と控えめだが、同等の潜在能力を秘めていることは間違いない。

 3位というドラフトの順位も、発奮材料となる。「同級生で、1位で。負けたくない思いはあります」。ライバル心を燃やした相手は近本だ。社会人時代に対戦し「とにかく足が速い」と衝撃を受けた。ポジションは違えど同学年、そして、同じ社会人卒。「近本にないモノを出していきたい。守備やバッティングの安定感、芯で捉えて(ヒット)ゾーンに打つというところ」とモチベーションの一つに設定した。

 走攻守、バランスの取れた能力を引っさげて臨むプロの世界。勝負の年に向けた気持ちの準備を、着々と進めていた。 (巻木 周平)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月16日のニュース