中日・小笠原 来季目標は規定投球回到達「1年間投げる」

[ 2018年12月16日 05:30 ]

子どもたちの前でバッティングを披露する小笠原(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・小笠原が愛知県大府市で行われた野球教室に木下雄らと参加し、来季のシーズン完走を誓った。「1年間投げること。規定投球回数が1番大事。1年間投げられるように」。

 3年目の今季は球団最年少で開幕投手を務めたが、9月上旬には左肘手術を受けるなどローテーションを守り切れなかった。今後に向けては慎重な姿勢を崩さなかったが、「(ローテ的に)各チームのエース級と投げ合えるのでレベルアップできる」と開幕投手の利点を説明。来季はその経験を存分に生かしたい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月16日のニュース