阪神・藤浪「がっつりダウン」 3600万円減で1億円割るも「当然かな」

[ 2018年12月11日 13:16 ]

<阪神契約更改>契約を更改した藤浪(撮影・成瀬 徹)
Photo By スポニチ

 阪神・藤浪晋太郎投手(24)が11日、西宮市の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸1億2000万から3600万円ダウンの8400万円でサインした(金額は推定)。プロ3年目以来、4年ぶりに大台を割り込む事になった。

 「がっつりダウンですが、まあ、当然かなと。プロ野球はそういうもの。活躍すれば上がるし、活躍できなければ下がる」

 復活を期した今季は1、2軍を行き来する苦しい日々が続いたが、9月以降は4戦3勝を記録するなど兆しを見せた。「自分がしっかり長いイニングを投げて、シーズン通してそういう風にやっていきたい」と来季への意気込みを口にしていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年12月11日のニュース