オリ金子の自由契約が決定 本人から電話連絡 複数球団の争奪戦へ

[ 2018年11月29日 05:30 ]

オリックスの金子
Photo By スポニチ

 オリックスの金子千尋投手(35)が自由契約になることが28日、決まった。長村裕之球団本部長が「(この日朝に)正式に本人から電話で申し出があった」と明かした。水面下では話し合いを重ね、同様の意向を伝えていた。

 金子は年俸6億円から野球協約の減額制限(1億円超は40%)を超える5億円ダウンの提示を受けていた。今月いっぱいで保有者名簿から外れ、12月2日に自由契約選手として公示される。オリックスは公示した上での再契約を認める方針だが、既に楽天が調査を行うなど、複数球団による争奪戦に発展しそうだ。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年11月29日のニュース