西武 巨人戦力外の廖任磊を獲得 渡辺SD「強い球が投げられることが一番の魅力」中継ぎで起用へ

[ 2018年11月28日 17:12 ]

西武入りが決まった廖任磊(リャオ・レンレイ)
Photo By スポニチ

 西武は28日、巨人から戦力外になった台湾出身の廖任磊(リャオ・レンレイ)投手(25)と契約に合意したことを発表した。

 廖任磊は16年ドラフト7位で巨人入り。2年間で1軍登板はなかったが、今季は2軍で17試合に登板し2勝0敗、防御率2・79だった。2メートル1、125キロの体格から150キロの速球を武器にする右腕は、13日の12球団合同トライアウトに参加していた。

 渡辺久信球団本部シニアディレクター兼編成部長は「強い球が投げられることが一番の魅力です。外国人枠ではなく、また、当球団には台湾出身のコーチ、選手がいて環境面でもすぐにチームにとけ込めると思います。来シーズン、プレーするチームがライオンズに変わることになるので、これを機に、一回りも二回りも大きく変わってもらいたいです。中継ぎで起用することになると思います」とのコメントを発表した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月28日のニュース