ソフトB戦力外の五十嵐 国内独立リーグも視野「現役は続けます」

[ 2018年11月27日 05:53 ]

前ソフトバンクの五十嵐
Photo By スポニチ

 福岡市内のホテルでソフトバンクの球団納会が行われた。工藤監督は「死力を尽くしたシーズンだった。選手、スタッフ、家族みんな、ひっくるめてホークス。短いオフで楽しい思い出をつくってほしい」と話した。

 乾杯のあいさつを務めた柳田選手会長は「今日という日は今日しかない。楽しみましょう」と超簡潔スピーチを披露し、会場を盛り上げた。

 ソフトバンクから戦力外通告を受けた五十嵐が球団納会に参加した。「今のところは進展はないですね。アメリカでは何回もクビになっているから、そこのストレスはないんですけどね。現役は続けます」と話した。国内独立リーグや米国でのプレーも視野に入れていることを明かし「自分がどうなるか楽しみな部分もある」とした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月27日のニュース