中日・福谷 500万円減で更改 イップス克服し「まだまだできる」

[ 2018年11月25日 14:14 ]

契約更改を終えた中日・福谷
Photo By スポニチ

 中日の福谷浩司投手(27)が25日、ナゴヤ球場で契約更改交渉に臨み、500万円減の2300万円でサインした。

 6年目の今季は1軍登板が29試合にとどまり、防御率も5・00と納得できないシーズンとなった。

 今秋は門倉2軍投手コーチから「迫力」を求められるなど、四球をおそれず大胆にストライクゾーンに強い球を投げられるよう、投げ込みの量を増やした。「自分の壁、殻を破ろうと必死にもがいた秋でした」と求める投手像が明確になりつつある。

 来季に向けて「3年前のシーズン途中からイップスになり、年々回復して状態が上がっている。まだまだできる。開幕からチームの力になれるようにしたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月25日のニュース