“捕手・阿部”帰ってきた 打ってはサヨナラ打「万全で年越したい」

[ 2018年11月25日 05:30 ]

名球会セ・パ対抗戦   セ・リーグ6―5パ・リーグ ( 2018年11月24日    東京ドーム )

<名球会セ・パ対抗戦>6回からパ・リーグの捕手として出場した阿部(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 「捕手・阿部」が帰ってきた。日本プロ野球名球会が24日、東京ドームで40周年を記念した「ベースボールフェスティバル2018」を開催した。全員が入団当時のユニホームに身を包んで行われたセ・パ対抗試合では、来季4年ぶりに捕手復帰する巨人・阿部慎之助内野手(39)がマスクをかぶって出場。サヨナラ打もマークするなどレジェンドの中で輝きを放ち、2万9300人の大観衆を沸かせた。

 高く上がった飛球が、右翼手の前にポトリと落ちた。7回1死満塁で幸運なサヨナラ打。お立ち台に呼ばれた阿部は「甘い球だった。いいところに落ちてくれて…。恥ずかしいです」と小さな声で繰り返した。歴史を彩るレジェンドに囲まれてのプレー。最後は大観衆の声援に促されて「最高でーす!」と決めぜりふで締めた。

 来季からの捕手復帰を前に、久々にマスクをかぶった姿も披露した。「緊張した。懐かしい景色だな、と思った」。6回裏の守備で全パの助っ人として岩瀬氏とバッテリーを組むと続く7回は全セの捕手に。古田氏、ラミレス監督のボールを受けた。その裏の守りも自身の打席が回る直前の1死一、二塁まで捕手を務め、慌ただしく交代してサヨナラ打とフル回転だった。

 「用具は(ロッカーに)置いてあった。パの捕手が少なかったし、多分やるなと予想してたのが的中したよ」。阿部が公式戦でマスクをかぶったのは15年6月6日のソフトバンク戦が最後。来季の復帰を前に元気な姿を見せ、ソフトバンク・王会長からも「本来のポジションに戻ってね。来年は“阿部捕手”の歴史で一番いい年になるんじゃないか」とエールを送られた。

 西武からFAで炭谷の加入も決定。来季は捕手層が厚くなった中での競争が待つ。「(炭谷とは)チームが勝つために協力しあって、バッテリーとして相談できれば」。39歳。扇の要として生き抜くことを覚悟した阿部は「年が明けたら、(捕手への)思いはより強くなると思う。自分のできる練習をして、万全で年を越したい」と19年目のシーズンを見据えた。 (鈴木 勝巳)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月25日のニュース