秋山幸二氏 背面キャッチ スーパープレー披露「喜んでくれたかな」

[ 2018年11月25日 05:30 ]

名球会セ・パ対抗戦   パ・リーグ5―6セ・リーグ ( 2018年11月24日    東京ドーム )

<名球会セ・パ対抗戦>初回2死、山本浩二氏の右飛を曲捕りする秋山幸二氏(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 秋山幸二氏が守備でスーパープレーを披露した。初回の守備で山本氏の右飛に背中を見せると見事な背面キャッチ。「飛んでこないかなと思っていたところにちょうど来た」と笑みを浮かべた。

 この日は西武入団当時の背番号71のユニホーム姿。かつて日本シリーズでバック宙を披露した56歳は「ファンの方が喜んでくれたかな」と、衰えない身体能力とサービス精神で球場を盛り上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月25日のニュース