巨人・原監督「吉報待つ」直接出馬で丸と初交渉 5年総額30億円超&背番号8提示

[ 2018年11月25日 05:30 ]

巨人との交渉を終え、ホテルを出る丸(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人は24日、国内フリーエージェント(FA)権を行使している広島・丸佳浩外野手(29)と東京都内のホテルで初めて入団交渉を行った。原辰徳監督(60)が直接出馬し、席上では5年総額30億円超という球団史上最高規模の条件と、指揮官が現役時代につけた背番号8を提示した。丸は広島、ロッテとも再交渉を行わない方針で、近日中にも決断を下す見通しだ。

 06年の小笠原道大との交渉以来、12年ぶりの直接出馬を終えた原監督は報道陣に対応した。都内のホテルの一室。穏やかな笑みを浮かべながら言葉を選んだ。

 「ジャイアンツとして、監督として、誠意をお話しすることができました。あとは“吉報を待つ”という心境でございます」

 残留交渉を行った広島、同じく丸の獲得に乗り出しているロッテに続き、大トリでの交渉となった。最大限の誠意を示すべく、石井一夫球団社長とともに、原監督が同席。詳しい交渉の内容については「今はまだ伏せておきたい」と明かすことはなかったが、住環境の話題にも及んだようだ。

 仮に巨人への移籍が決まれば、家族とともに東京への引っ越しが伴う。丸は首都圏の千葉県出身だが、指揮官は「18歳で広島に行って家族もでき、子供さんもでき、もし(東京へ)となったときは不安は当然ある。そういう話は出ました」と気遣う。球団として可能なサポート態勢なども説明したとみられる。

 席上では5年総額30億円超という球団史上最高規模の年俸と、原監督も現役時代に背負っていた背番号8を提示した。指揮官の出馬という熱意に加え、条件面では広島、ロッテを大きくリードした。「自分の誠意というか、気持ちというものは伝えることができました」と満足げに振り返った。

 この日、西武からFA宣言していた炭谷の獲得を発表。新外国人ビヤヌエバ、オリックスを退団していた中島に続く、原体制では「第3の補強」となった。中堅を託せる丸の獲得も実現すれば、近年はレギュラーを固定できずに苦しむ外野陣のセンターラインの強化となる大きな補強だ。

 「吉報」という言葉を3度使った原監督。言葉通り、あとは丸からの連絡を待つ。 (川手 達矢)

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2018年11月25日のニュース