ヤクルト、ソフトB自由契約の寺原と入団合意 球団幹部「救援の層を厚く」

[ 2018年11月23日 05:47 ]

ソフトバンクを戦力外となった寺原
Photo By スポニチ

 ヤクルトが、ソフトバンクを自由契約となった寺原隼人投手(35)と入団合意に達したことが22日、分かった。早ければ、23日にも発表される。

 今季は最下位から2位に躍進したが、チームの防御率は4・13と課題を残した。寺原は今季、21試合に登板して防御率2・39。球団幹部は「救援の層を厚くしたかった」と説明し、来季でプロ18年目を迎えるベテランに救援の一角として期待を懸けることになる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月23日のニュース