FA浅村 会見に姿現さず 全ての球団と交渉終えるまでは…無言貫く意向

[ 2018年11月19日 05:30 ]

西武からFA宣言した浅村
Photo By スポニチ

 浅村は会見に姿を現さず、交渉の場を後にした。他球団との交渉と同じ対応にしたいという本人の意向。楽天広報が「浅村選手の“他球団(との交渉後)もやっていないので、全ての球団との交渉が終わるまでは話すことができない”という意向です」と説明した。

 FA宣言しての残留を認める西武から高い評価を受け、16日にはソフトバンクと交渉。オリックスとも近く交渉する。FA権行使を表明した際には「外に出ていくからと行使したわけではない。他球団の評価を聞きたいという率直な思い」と発言。交渉途中での自身の発言による影響の大きさを感じ、途中経過での無責任な発言は控えながら大きな決断を導き出していく。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月19日のニュース