ロッテ ドラ6古谷が契約 “大先輩”福浦から「美爆音」と習志野魂を継承「一日も早くマリンで初勝利を」

[ 2018年11月17日 14:03 ]

ロッテと仮契約したドラフト6位の古谷
Photo By スポニチ

 ロッテのドラフト6位指名、千葉・習志野高の右腕・古谷拓郎投手が17日、千葉市内のホテルで契約金3000万円、年俸460万円で契約。大先輩の福浦から「美爆音」と習志野魂を継承する。

 「一日も早くマリンスタジアムのマウンドに立って初勝利を挙げたい」と笑顔を見せた古谷。習志野高の先輩にあたる福浦から「古谷君へ、共に頑張ろう」とメッセージが書き込まれた2000安打時の写真が贈られた。

 今年6月にはZOZOマリンスタジアムで習志野高吹奏楽部が福浦の応援演奏を披露。「美爆音」と称えられる迫力の演奏が話題となった。高校でも頼もしい応援を受けてきた古谷は「学校だったり、地元の方に愛される選手になりたい」とプロでも継続した迫力の応援を希望した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月17日のニュース