楽天・則本、弟佳樹と地元自主トレ計画「まさか同じユニホームとは…」

[ 2018年11月15日 09:51 ]

アディダスの新シューズを手にフォトセッションを行うカヌーの羽根田(右)と則本(撮影・ 久冨木 修)
Photo By スポニチ

 楽天・則本が14日、アドバイザリー契約を結ぶアディダス社の新商品発表会に、カヌー男子リオデジャネイロ五輪銅メダルの羽根田卓也とともに参加した。今季はチームが最下位に終わり「一番ふがいないシーズンになった。19年は最高のシーズンにしたい」。

 ドラフト会議では弟・佳樹(山岸ロジスターズ)が育成2位指名され「まさか同じユニホームでやることになるとは。12月に地元(滋賀県)に戻って一緒に自主トレできたらいいな」と語った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース