ロッテ・ドラ4山口、落合以来のキング目指す「30本以上打ちたい」

[ 2018年11月15日 10:10 ]

ロッテと正式契約を交わし笑顔でポーズを決める明桜高・山口(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 ロッテからドラフト4位指名を受けた明桜・山口が秋田市内で契約金4000万円、年俸560万円で契約を結んだ。「30本以上打って本塁打王を目指したい」と意気込んだ。

 高校通算25本塁打、最速146キロの二刀流。「(エンゼルスの)大谷さんのようになりたい」と今もこだわりを持つが、球団からは右の長距離砲としての成長を期待される。ロッテから本塁打王が生まれれば86年落合博満以来。秋田が生んだ3冠王3度の大打者を「全てにおいて凄い。一歩でも近づけるように、落合さんのようになりたい」と目標にした。「逆方向に強い当たりを打てる」という持ち味は落合氏ばりだ。

 今夏は秋田大会決勝で金足農・吉田に敗れた。日本ハム1位指名の宿敵に「借りを返したい」と闘争心を燃やした。(武田 勇美)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース