MLB選抜マッティングリー監督、侍の攻撃力に脱帽「粘り強い」

[ 2018年11月15日 05:30 ]

日米野球第5戦   MLB選抜5―6侍ジャパン ( 2018年11月14日    ナゴヤD )

2回無死一塁、ホスキンスは左中間に2点本塁打を放ち踊りながら塁を回る (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 MLB選抜は最終戦を待たず負け越しが決まった。5―1で迎えた7回、前日に原爆に関するインスタグラム投稿で謝罪したベラスケスが4失点。8回にオテロが勝ち越しを許した。

 ドン・マッティングリー監督は「第1、4、5戦とリードしながら終盤ひっくり返される展開となってしまったので残念」と渋い表情。侍ジャパンの攻撃陣については「粘り強くしっかりボールを叩き、逆方向への当たりも目立った」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース