上林 チーム唯一全6試合で安打 「目立たない」どころか主役級の活躍

[ 2018年11月15日 20:43 ]

日米野球第6戦   侍ジャパン―MLB選抜 ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<侍ジャパン・MLB選抜>6回表無死、上林は右前打を放つ(投手・ラミレス)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 上林(ソフトバンク)が6回、先頭打者として右前打。チームで唯一、日米野球6試合全てで安打をマークした。

 この日は初めて打順が5番に昇格。9日の第1戦では9回1死から中前打を放ち、その後はスタメン出場を続けて13日の第4戦では3安打、第5戦も2安打を放った。

 「僕はメンバー的に目立たない。蔭でしっかり頑張って、主役の方をサポートできれば」。そう話していたが、その活躍は見事に主役級だった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月15日のニュース