侍J・笠原 本拠ナゴヤDで5回途中無失点投球 

[ 2018年11月15日 20:01 ]

日米野球第6戦   侍ジャパン―MLB選抜 ( 2018年11月15日    ナゴヤD )

<MLB選抜・侍ジャパン>4回裏2死二、三塁のピンチにピラーを三ゴロに打ち取り、手をたたく笠原(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 日米野球は15日、ナゴヤドームでラストマッチとなる第6戦が行われ、侍ジャパンの先発マウンドに上がった笠原祥太郎投手(23=中日)は5回途中4安打無失点と好投して降板した。

 2連勝で通算4勝1敗とすでに勝ち越しを決めている侍ジャパン。所属する中日の本拠・ナゴヤドームで日米野球最終戦の先発投手を務めた笠原は、初回、2回をともに3者凡退と好スタート。味方打線も2回に源田(西武)の3点適時三塁打と菊池(広島)の中犠飛で4点を先取と強力バックアップした。

 序盤に4点の援護をもらった笠原は3回に安打と四球で無死一、二塁のピンチを迎えたが、9番・テーラーを遊ゴロ、1番・リアルミュートを空振り三振、2番・ヘルナンデスを中飛に仕留めてピンチを脱出して無失点。4回にも連打で無死一、二塁とされながら5番・ホスキンスを右飛、6番・ハニガーを捕邪飛、7番・ピラーを三ゴロに仕留めてまたも本塁生還を許さなかった。

 5回も続投した笠原は四球と安打でまたも無死一、二塁のピンチを招いたが、リアルミュートを左飛に仕留め、続くヘルナンデスを得意のチェンジアップで空振り三振。ここで球数制限の80球に達して降板し、2死一、二塁の場面で2番手・岩貞(阪神)にマウンドを譲り、岩貞がアクーニャを空振り三振に斬って取った。

 笠原の投球内容は4回2/3で80球を投げ、4安打無失点。4三振を奪い、与えた四球は2つだった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース