侍・稲葉監督、連日の逆転劇に「頼もしい」今後の選考「悩み続ける」

[ 2018年11月15日 05:30 ]

日米野球第5戦   侍ジャパン6―5MLB選抜 ( 2018年11月14日    ナゴヤD )

2回無死、中越えに本塁打を放った岡本(中央)を笑顔で迎える稲葉監督(左は甲斐)(撮影・成瀬 徹)   
Photo By スポニチ

 侍ジャパンが連日の終盤逆転でシリーズ勝ち越しを決めた。

 日米野球で日本チームの2大会連続勝ち越しは初めて。下位打線のチャンスメークが目立ち「どこからでもつないで点を取る姿を見せてくれた。頼もしい」と稲葉監督。来年はプレミア12、20年は東京五輪が待つが「これから凄く(選考に)悩み続けるでしょうね」とうれしい悲鳴が漏れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース