山川「積極的に」代打で同点適時打 左中間真っ二つ「納得の打撃」

[ 2018年11月15日 05:30 ]

日米野球第5戦   侍ジャパン6―5MLB選抜 ( 2018年11月14日    ナゴヤD )

7回1死一、三塁、代打・山川は同点となる左中間2点適時二塁打を放つ(投手・ベラスケス)(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 山川(西武)が代打で同点の2点二塁打を放ち、逆転勝ちを呼んだ。7回に2点を返し、なお1死一、三塁から登場し、左中間を真っ二つに破った。

 ベラスケスの初球、142キロの速球を捉え「代打は積極的にいかないといけないので、納得の打撃です」と振り返った。同じく先発を外れた第3戦に続いて代打でタイムリーを放ち、存在感を見せた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース