環太平洋大・野村監督、続投悔やむ「うちに流れはあった」兄は元広島謙二郎氏

[ 2018年11月15日 05:30 ]

明治神宮大会 大学の部決勝   環太平洋大4―6立正大 ( 2018年11月14日    神宮 )

逆転負けし涙をこらえて引き上げる環太平洋大・安藤優汰(左)と佐々木龍志(撮影・西川祐介)
Photo By スポニチ

 環太平洋大は痛恨の逆転負けで初優勝を逃した。広島前監督・野村謙二郎氏(スポニチ本紙評論家)の弟、昭彦監督は「うちに流れはあった。7、8、9回の終盤ですね。悔しいよね。選手も私も一生忘れられないゲーム」と唇をかんだ。

 8回に5番手で登板し、伊藤裕に逆転2ランを浴びた西山は「直球がど真ん中に入ってしまった」と涙目だ。勝負どころの継投が裏目に出た指揮官は「監督の焦りです」。それでも昨年は初の4強入り。今年は初の決勝進出を果たし、着実に階段を上がってきた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース