最優秀監督賞 アはメルビン監督、ナはスニトカー監督

[ 2018年11月15日 05:30 ]

 大リーグは13日(日本時間14日)、最優秀監督賞を発表し、ア・リーグはアスレチックスのボブ・メルビン監督が3度目の選出で、ナ・リーグはブレーブスのブライアン・スニトカー監督が初受賞した。

 メルビン監督は低予算の球団をプレーオフに導いた手腕が評価され「選手とチームの結束が素晴らしかった。周囲の予想を覆すことができた」と誇らしげに語った。スニトカー監督は前評判の低かった球団で5年ぶりの地区優勝を手にした点が認められ、テレビ中継で孫と抱き合い「多くの人に感謝したい」と喜びを口にした。同賞は全米野球記者協会の投票で決まり、投票はプレーオフ前に実施された。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月15日のニュース