日本ハムドラ4・万波 早くもプロ意識「積極的にファンサービスを」

[ 2018年11月12日 18:44 ]

開店したばかりの大志満椿壽有楽町店で仮契約をした万波(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 日本ハムからドラフト4位指名された横浜・万波中正外野手(18)が12日、東京都千代田区の鉄板焼き店「大志満 椿壽 有楽町店」で入団交渉し、契約金3500万円、年俸520万円で仮契約した。

 「いろいろ話していく中で現実味を帯びてきた感じ。プロ野球選手になると身が引き締まる思いです」と話した。

 コンゴ出身の父を持ち、1メートル90、90キロの恵まれた体から高校通算40本塁打をマークしたスラッガーは、すでに一流のプロ意識も併せ持つ。「最終的にはファンの人たちが盛り上がってくれることをやりたい。お客さんありきの世界なので、ファンサービスという面でも喜んでもらえることは積極的にやりたい。そういう選手になりたいし、明るく中心にいるような選手になりたい」とパフォーマンス習得にも意欲を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月12日のニュース