広島・土生、来季からスコアラーに転身

[ 2018年11月12日 12:21 ]

 広島は12日、今季限りで現役を終えた土生翔平外野手(29)と来年度からスコアラーとして契約することを発表した。

 広島出身の土生は、広陵から早大を経て、11年ドラフト4位で入団。昨季は2軍で打率・317の成績を残して今季を迎えたものの、故障にも悩まされて1軍昇格はならず、10月2日に戦力外通告を受けていた。

 その際には、「ここ数年は“今年ダメなら”という思いでやってきた。一番印象に残っているのは初スタメンのとき。緊張したけど、(同学年の)菊池とか、田中、丸が緊張しないようにと声をかけてくれた。同学年の選手が活躍しているのを見て、喜び合いたかったけど僕の実力がなかった。現役にはこだわっていない」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月12日のニュース