ロッテ 井口監督、台湾ラミゴ戦は「来季ローテ、スタメン担う選手で」

[ 2018年11月8日 20:39 ]

 ロッテの井口資仁監督(43)は8日、台湾ラミゴとの国際親善試合のために台湾入りし、桃園国際棒球場で前日会見を行った。

 「来年のローテーションに入ってほしい投手、スタメンを担うであろう選手を使う」。3連戦の先発は二木、岩下、種市が務めるほか、野手では今季のドラフト1位ルーキー・安田が「5番・三塁」でスタメン予定。井上、中村も出場する。

 井上は昨季、井口監督の「初陣」となった同カードで3安打4打点し、ゲームMVPを獲得。ご褒美としてラミゴのチアガール「ラミガールズ」とダンス競演したが「昨年以上に活躍して今年もまた、踊りたい」と再び、アジャダンスを披露するつもりだ。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月8日のニュース