PR:

西武 源田は初、秋山は4年連続のGG賞「投手を助けられるプレーを」

西武の秋山(左)と源田
Photo By スポニチ

 第47回三井ゴールデン・グラブ賞が8日に発表され、10年ぶりのリーグ優勝を果たした西武からは遊撃手の源田壮亮、外野手の秋山翔吾の2選手が選出された。

 初受賞の源田は「ゴールデン・グラブ賞は目標にしていた賞なので、受賞でき大変光栄でうれしいです」と喜び。「いつもノックを打っていただいている監督、コーチの方々に感謝します。来年以降も選んでいただけるように練習に励みます」と意気込んだ。

 4年連続5回目の受賞となった秋山は「ゴールデン・グラブ賞を受賞でき、とてもうれしく、光栄です。今後は、自分の守備にさらに磨きをかけて、投手の方をはじめチームを助けられるプレーをしていきたいです。そして今年叶わなかった日本一をこのチームで成し遂げたいです」と来季の日本一奪還を誓った。

[ 2018年11月8日 15:00 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月13日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム