イチロー、45歳開幕選手登録 7年ぶり凱旋、ディポトGM明言

[ 2018年11月8日 05:30 ]

12年MLB開幕戦、日本でプレーしたマリナーズ・イチロー
Photo By スポニチ

 今季途中からプレーしなくなったマリナーズのイチロー外野手(45)が、来年3月20、21日に東京ドームで行われるアスレチックスとの開幕カードで選手登録される見込みとなった。ジェリー・ディポトGM(50)が6日(日本時間7日)に始まったGM会議の会場で明かした。

 「キャンプは招待選手で参加する。日本に行き、登録メンバーに名前が入るものと思っている」。実現すれば4安打を放った12年の開幕カード以来7年ぶり2度目の日本凱旋試合となる。さらにディポトGMは先発起用する可能性も示し「開幕戦で4安打できるかどうか分からないが、彼は素晴らしい準備ができている」と話した。

 今季は現役のままフロント入り(会長付特別補佐)する異例の形で残り試合のプレーを取りやめた。それでも復帰を目指し、試合前には昨季までとほぼ同じ練習をこなした。先週、ディポトGMは本拠地で練習するイチローの姿を見つけ「春季キャンプが始まる数日前のように見えた」という。復帰への決断に迷いはなかった。

 28人の日本開幕特別枠から通常の25人枠に戻る米国での開幕以降については「分からない。オープンマインド(幅広く考える)でいく」と明言を避けた。だがチーム再建を目指すマ軍は複数の主力選手のトレードを検討中。状況次第ではイチローが来季必要な戦力となる可能性は十分に秘めている。 (笹田幸嗣通信員)

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年11月8日のニュース