JFE西日本 古田“神生還”「スライディングは天性のものです」

[ 2018年11月8日 05:30 ]

スポニチ後援第44回社会人野球日本選手権第7日・2回戦   JFE西日本4―0東海理化 ( 2018年11月7日    京セラD )

初回2死満塁、脇屋の軽打が三塁内野安打となり、二塁走者・古田もそつなくホームを陥れる(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 JFE西日本は初回2死満塁、6番・脇屋の三塁内野安打で一塁送球されるのを見た二塁走者の古田がホームに突っ込んだ。一塁からの転送をかいくぐって生還。この2点目が効いた。

 古田は「特に練習はしてないのですが、スライディングは天性のものです」と胸を張った。山下敬之監督も「(積極的な走塁は)いつもやっていること」と5安打4得点の効率的な攻めも当然と言いたげだった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年11月8日のニュース