ロッテドラ3小島 開幕ローテ狙う「内角突く投球が持ち味」

[ 2018年11月8日 05:30 ]

 ロッテからドラフト3位で指名された早大・小島が東京都新宿区の同大学で永野吉成チーフスカウトらの指名あいさつを受けた。

 浦和学院では13年のセンバツを制し、東京六大学野球では通算22勝の左腕は「打者の内角を突く投球が持ち味。そこを磨いて、開幕から先発ローテーション入りを目指したい」と話した。最速147キロの直球にカットボール、チェンジアップを織り交ぜた幅のある投球が身上。「(大学の先輩のソフトバンク)和田毅さんのような制球で勝負する投手になりたい」と意気込んだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年11月8日のニュース