巨人・阿部 自打球交代 第2戦出場に意欲「なめれば治る」

[ 2018年10月18日 05:30 ]

セ・リーグCSファイナルS第1戦   巨人1―6広島 ( 2018年10月17日    マツダ )

<広・巨>2回1死、阿部が左膝に自打球を当てて交代する (撮影・大塚 徹) 
Photo By スポニチ

 巨人・阿部が2回1死走者なしの第1打席で、左膝に自打球を受け負傷交代。ベンチはヒヤリとしたが、試合後は自らの足で力強く歩行し「大丈夫だよ。なめれば治る」と語り、18日の第2戦の出場に強い意欲を示した。

 自打球を受けた直後は苦もんの表情を浮かべ、村田ヘッドコーチらに両脇を抱えられながらベンチへ消えた。高橋監督は試合終了直後ということもあり「ちょっと様子を見てみないと分からないね」と話すにとどめた。出場への最終判断は当日の患部の状態を見て決める。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月18日のニュース