PR:

東洋大 延長戦制しタイに 斎藤がサヨナラ打、甲斐野が今季2勝目

東都大学野球秋季リーグ第6週第2日   東洋大3―2駒大 ( 2018年10月10日    神宮 )

<駒大・東洋大>延長10回から好救援した東洋大・甲斐野
Photo By スポニチ

 東洋大が駒大との延長戦でサヨナラ勝ちし、1勝1敗で3回戦に持ち込んだ。

 先発の上茶谷大河投手(4年=京都学園)は9回4安打2失点。最速149キロ直球を軸に8回まで1安打7奪三振と好投をみせたが、9回2死から3連打と失策で2失点した。

 2―2の延長10回からは甲斐野央投手(4年=東洋大姫路)が救援。2回を無安打に抑え、今季2勝目を挙げた。

 打線は、延長11回裏2死一、二塁で10回守備から出場した9番・斎藤元輝内野手(2年=東洋大牛久)が右越えのサヨナラ打を放った。

 甲斐野は3戦連続で救援に失敗しており、「3試合はダメージが大きかったが、負けず嫌いを出して頑張りました。土壇場で、こういう状況で自分は強いと勘違いさせていったら、自然と球がいってくれた。勝ったときはうれし泣きしそうになりました」と話した。

[ 2018年10月10日 18:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月19日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム