エンゼルス・大谷 矢野の引退セレモニーでビデオメッセージ「一緒に叫んだのを、今でも覚えています」

[ 2018年10月10日 23:08 ]

パ・リーグ   日本ハム5―4ロッテ ( 2018年10月10日    札幌D )

<日・ロ>矢野引退セレモニー、大谷からのビデオレター(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 今季限りでの現役引退を表明している日本ハム・矢野謙次外野手(38)が10日、ロッテ戦(札幌ドーム)の7回に現役最終打席となる代打で登場し、左前打を放った。

 試合後は引退セレモニーに臨み、中田主将、同じくトレードで巨人から日本ハムに移籍した大田から花束を贈られた、ナインの手で10度、宙に舞った。

 セレモニーでは、かつてのチームメートであるエンゼルス・大谷もビデオメッセージを寄せた。最初に「こんにちは、エンゼルスの大谷翔平です」とあいさつすると、札幌ドーム内は大歓声。続けて「16年間、お疲れさまでした。お立ち台で一緒に“ファイターズ最高!”と一緒に叫んだのを、今でも覚えています」と語りかけた。

 15年の8月8日楽天戦(札幌ドーム)で9回2死から矢野が代打で同点打を放ち、延長10回に大谷が代打でサヨナラ打。2人でお立ち台に上がった。当時、代打としての準備について「矢野さんを見て勉強になった」と話していた大谷の感謝が、短い言葉に込められていた。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月10日のニュース