パドレス ステアーズ打撃コーチを解任 現役時代は中日でもプレー

[ 2018年10月10日 08:53 ]

パドレスの本拠地ペトコ・パーク
Photo By スポニチ

 パドレスは9日にマット・ステアーズ打撃コーチ(50)を解任した。

 今季のパドレスは66勝96敗と大きく負け越し、ナ・リーグ西地区最下位と低迷。チーム打率もリーグ13位の2割3分5厘と振るわなかった。ステアーズ打撃コーチの解任について、プレラーGMは「チームに変化が必要」と説明した。

 現役時代のステアーズ打撃コーチはアスレチックスなど大リーグ19年間で通算265本塁打と活躍。1993年には日本のプロ野球、中日にシーズン途中から加入し、60試合の出場で6本塁打という成績を残した。2011年限りで引退し、17年にはフィリーズの打撃コーチに就任。パドレスでは今季から指導に当たっていた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月10日のニュース