金足農のPR効果32億円 地元コンサルが試算

[ 2018年10月10日 21:05 ]

 今夏の全国高校野球選手権大会で準優勝した金足農(秋田市)の地域のPR効果は約32億円とする試算を、地元の秋田銀行系列のコンサルティング会社が10日、明らかにした。新聞やテレビで全国に報道された量を広告費に換算した推計。

 地域PR効果は、秋田県外にどれだけ情報が伝わったかを推計しており、新聞の地方版やテレビのローカル放送は除く。

 試算はあきぎんリサーチ&コンサルティングが全国紙5紙とテレビの全国放送2系列を対象に、8月17〜31日で実施。

 全国紙5紙は全国版で計86本の金足農関係の記事を載せた。スポーツ面以外にも掲載し、12億7100万円の効果があった。テレビ2系列で金足農関連の放送は、期間中に計806分、19億5200万円だった。

 スポーツ紙や雑誌、インターネットによる情報発信が含まれていないことから「実際には試算額を大きく上回るPR効果があったと考えられる」としている。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月10日のニュース