巨人 3位確定 岡本 2発で史上最年少「3割30本100打点」達成

[ 2018年10月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人9-4阪神 ( 2018年10月9日    甲子園 )

8回1死二塁、左越えに2ランを放つ岡本(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 巨人が9日、今季最終戦となった阪神戦を9―4で制し、3位を確定させてクライマックスシリーズ(CS)進出を決めた。同点の7回に4番・岡本和真内野手(22)が左翼席へ32号ソロを放つと8回にも左中間へ2打席連続となる33号2ラン。史上最年少で打率3割、30本塁打、100打点をマークした主砲は、今季限りで退任する高橋由伸監督(43)とポストシーズンで「下克上」を目指す。

高橋監督には不退転の決意があった。岡本が4番に据えられたのは6月2日。指揮官の「何があっても最後まで代えない」と言う覚悟に応えた。

 「CSが一番うれしい。勝って決めたかった」。今季最終打席。7―4の8回1死二塁だ。7回に約1カ月ぶりとなる勝ち越しの32号ソロで、打点を98に伸ばしていた。「100打点」が頭をよぎったが、かき消す。「多少の意識はありましたけど考えず」。ファウルで粘った8球目を左中間に運んだ。

 自身初2打席連発の33号2ラン。今季最終戦で、CS進出と100打点を決めた。打率・309、33発で史上最年少22歳での「3割30本塁打100打点」。試合後、左翼席からは「由伸コール」が起こり、チームで唯一、143試合フル出場した岡本も手を振った。今季限りで辞任する指揮官から「4番が代われば打線が落ち着かない。4番は代えない」との期待に応えた。

 昨オフは高橋監督の母校・慶大で自主トレ。同大OBで同僚の山本の練習パートナーとして初訪問した。右翼後方には打球が道路に飛び出すのを防ぐ「由伸ネット」と呼ばれる高さ15メートルの防球ネットがある。そこに掲げられた「練習ハ不可能ヲ可能ニス」の横断幕。今季は練習からスピンをかけて引っ張ることを実践。横浜スタジアムでは練習で場外弾し「もう野球をやめてもええです」というほどの感触もあった。

 この日も2発とも左方向。智弁学園グラウンドの左翼ネット後方に4軒の民家があった。他の選手が金属バットでフリー打撃をする中、木製を持たされた。「金属バットだったら打球が飛びすぎる。家の屋根に当てて変形させてしまう恐れがあった」というのが理由だ。それでも柵越えを連発。卒業から4年、高校時代にも1試合2発した甲子園で最年少記録を打ち立てた。

 高橋監督は「期待以上の成長を見せてくれた。ますます4番らしい」と称えた。32打席連続無安打でも、右手死球で腫れ上がっても4番で起用してもらった。「期待に応えたかった。少しだけ応えられたかな」と珍しく自身を褒めた岡本。「日本一を目指して頑張る」。恩返しにはまだ先がある。(神田 佑)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月10日のニュース