日大三・日置 勝利目前で痛恨ミス「詰めの甘さをなくしていきたい」

[ 2018年10月4日 05:30 ]

福井国体 硬式の部準々決勝   日大三12―13近江 ( 2018年10月3日    福井県営 )

逆転サヨナラ負けに肩を落とす日大三・日置(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 日大三(東京)は高校日本代表としてU18アジア選手権に出場した日置が痛恨のミスを犯した。

 11―8で迎えた9回1死一、三塁。遊撃へのゴロをファンブルして併殺をとれず2点差に。続く2死一塁から北村に同点弾を浴びた。試合はタイブレークの末サヨナラ負け。3安打したが「最後の試合を勝ちきりたかった」と悔しそうに語った。大学へ進学する予定で「最終的な目標はプロなので、大学で詰めの甘さをなくしていきたい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月4日のニュース