西武・光成“変身”2勝 乱調のち好投も辻監督「全然駄目」

[ 2018年10月4日 05:30 ]

パ・リーグ   西武7―3日本ハム ( 2018年10月3日    札幌D )

今季2勝目をあげた高橋光(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 大荒れ、のち好投だった。西武先発・高橋光は4回まで7四球の乱調。「ストライクが入らなくて、ヤバいなと思った」。それでも5回以降の4イニングは無四球1安打。8回4安打2失点で2勝目を挙げた。

 「疲れました」という右腕に、辻監督は「(内容は)全然駄目。何かつかんでくれたらと、引っ張るだけ引っ張った」。CSでのローテ入りも期待されるが、及第点とはいかなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年10月4日のニュース