日大三、逆転サヨナラ!9回8者連続出塁で4点差ひっくり返した

[ 2018年10月2日 11:30 ]

福井国体高校野球硬式 1回戦   日大三7―6敦賀気比 ( 2018年10月2日    福井県営球場 )

<日大三・敦賀気比>9回無死満塁、日置はサヨナラの適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 2―6の9回から日大三が怒濤の8者連続出塁。4点差をひっくり返し、サヨナラで敦賀気比を下した。

 最後はU18日本代表にも選出された日置航主将(3年)が決めた。6―6の9回無死満塁から内角低めの直球をはじき返し、左前へ。劇的な逆転勝利を飾り、「このチームでできる最後の大会だったので、悔いが残らないようにと。この9回裏にかける思いはみんな強かった」と振り返った。

 打撃の不調が続いたU18アジア選手権から帰省後、「悔しい思いをしてきたので、もう同じ思いはしたくない」と練習に励んできた日置。この日は3安打に自身高校初のサヨナラ打と活躍し「鋭い打球を飛ばしてやろうと思った。チームが勝てて良かった」と喜んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月2日のニュース