PR:

巨人4位転落 崖っ縁…残り2戦勝つしかない、2位消滅

セ・リーグ   巨人5―8ヤクルト ( 2018年10月1日    神宮 )

<ヤ・巨>8回2死三塁、球審に投手交代を告げベンチに引き揚げる高橋監督 (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 巨人はまたしても天敵の前に屈した。小川に16年4月から8連敗。4位に転落し、2位の可能性も消滅した。高橋監督は「もう振り返ってもしょうがない。また次頑張るよ。次の試合に向けてね」とクラブハウスに向かった。

 打線は6回まで無得点。7回に1点を奪い、小川が降板した8、9回にも加点したが、5回までに背負った7点は最後まで重くのしかかった。村田ヘッドコーチは「5点取ってもらって勝てないのはバッテリーの責任や」と険しい表情だった。

 11年以来、7年ぶりのヤクルト戦負け越しが決まった。巨人は残り2試合。うち1試合は敵地での首位・広島戦だ。対する3位のDeNAは残り6試合。CS出場から後退した指揮官は「次の試合に勝つこと。それしかない」と繰り返した。 (川手 達矢) 試合結果

[ 2018年10月2日 05:30 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:10月18日13時〜14時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム