ライアン小川 金田正一以来60年ぶり!巨人戦8連勝「飛ばしていった」

[ 2018年10月2日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト8―5巨人 ( 2018年10月1日    神宮 )

<ヤ・巨>3回無死、吉川光の打球に跳びつく小川(撮影・久冨木 修)                                                                                                                                    
Photo By スポニチ

 ヤクルト・小川が7回1失点で8勝目。16年4月から続く巨人戦の連勝を8に伸ばし、球団では57〜58年の金田正一以来60年ぶりの記録を打ち立てた。

 「この試合に懸ける気持ちで飛ばしていった」と初回から気迫のこもった投球を見せ、失点は7回に浴びた阿部のソロのみ。腰の張りの影響もあり約3週間ぶりのマウンドだったが不安を感じさせず「100%で入れたと思う。この位置で戦えるのは幸せだし、チームのためにいい投球をしたい」と頼もしかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月2日のニュース