エ軍ソーシア監督 涙の退任 大谷は感謝 後任候補も浮上

[ 2018年10月2日 05:30 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―4アスレチックス ( 2018年9月30日    アナハイム )

涙をこらえながら退任のあいさつをするソーシア監督
Photo By スポニチ

 エンゼルスのソーシア監督が今季限りでの退任を発表した。試合後の会見で「来季、監督として戻ってくることはありません」と涙ながらにあいさつ。

 00年から指揮を執り、同一球団を率いる期間は現役監督最長の19年目だった。大谷は「常にジョークを交えてコミュニケーションを取ってくれた」と感謝した。後任候補には前タイガース監督で現在エ軍のGM特別補佐を務めるブラッド・オースマス氏、ジョシュ・ポール・ベンチコーチらの名前が挙がる。

 ▼エンゼルス・田沢(1回無失点。今季はマーリンズ、タイガース、エ軍でプレー)まだ終わったばかりなので、来年のことは、またこれから話し合って決めていきたい。

続きを表示

この記事のフォト

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年10月2日のニュース