楽天・西口 プロ初登板初勝利逃すも…好投8回途中2失点「次に」

[ 2018年10月1日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天2―5オリックス ( 2018年9月30日    楽天生命パーク )

<楽・オ>8回途中2失点と好投した西口(撮影・篠原岳夫)
Photo By スポニチ

 楽天・西口が7回2/3を2失点と好投したが、プロ初登板初勝利はならなかった。

 2点リードの8回2死三塁から宗に同点2ランを浴び「しっかり投げきらないとダメ。この悔しさを次につなげたい」と話した。16年のドラフト10位で12球団最後に指名された甲賀健康医療専門学校出身の右腕。最速148キロの直球とチェンジアップを軸に試合をつくり、平石監督代行は「素晴らしい投球だった。これから楽しみな選手」と称えた。

続きを表示

「第101回(2019年)全国高校野球選手権」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年10月1日のニュース