PR:

法大 サヨナラ勝ち 好救援2勝目の石川 好調の先輩抑える

東京六大学秋季リーグ戦第2週第2日   法大3―2明大 ( 2018年9月17日    神宮 )

 法大が明大にサヨナラ勝ちし、1勝1分けとした。

 法大は、同点に追いつかれた7回2死三塁から左腕・石川達也投手(2年=横浜)が登板した。

 いきなり、中本牧シニア―高校の先輩で打撃好調の明大・渡辺佳明内野手(4年=横浜)を迎えた。「先輩というのもそうだし、明治で1番当たっているのは佳明さん。ここを抑えるかどうかだと思った」。力みながらも遊ゴロに抑え、勝ち越しを許さなかった。先輩とのリーグ初対戦を乗り切り「実力を試す意味でも対戦したかったし、抑えられて良かった」。8回以降も無失点に抑える好投でサヨナラを呼び込み、今季2勝目を挙げた。

 ソフトバンク・千賀を参考にしたフォークは「抜けてもスクリューのように落ちていく。これは使えると思って練習してきた」といい、この新球で渡辺佳も押さえ込んだ。

 高校時代は藤平(現・楽天)と2枚看板。名門で多くの経験値を積み「きつい場面や途中から行くのは慣れている」と頼もしい。今季は貴重なリリーフ左腕として勝負どころでの起用が続く。「いつか先発したいけれど、今は先発陣が調子が良いのでしっかり後ろでカバーしていきたい」と力を込めた。

[ 2018年9月17日 17:19 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月16日10時〜11時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム