広島・丸 追撃の36号3ラン「甘くきた球を反応で捉えることができた」

[ 2018年9月15日 15:32 ]

セ・リーグ   広島―中日 ( 2018年9月15日    マツダ )

<広・中>4回2死一、二塁、丸は中越えに3点本塁打を放つ(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 広島・丸佳浩外野手(29)は1―5の4回2死一、二塁で、中日先発・笠原から右超えの36号3ラン。最大5点差に広げられてから2イニングで1点差に迫った。

 「打ったのはストレート。甘くきた球を反応で捉えることができた」

 8日の中日戦の一発で、球団の日本人左打者として歴代最多だった99年・金本知憲の34本塁打は更新済み。リーグ2位のDeNA・筒香に2本差をつける36号となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月15日のニュース