早大・檜村 延長11回勝ち越し二塁打「うれしかった」

[ 2018年9月10日 05:30 ]

東京六大学野球第1週第2日   早大7―6法大 ( 2018年9月9日    神宮 )

<早大・法大>延長11回1死三塁、勝ち越しの適時二塁打を放つ早大・檜村  (撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 4―4の延長11回、池田の二塁打と犠打で1死三塁とし、早大・檜村がプロ注目右腕・菅野から左越え二塁打で勝ち越しに成功した。

 檜村は「打てていなかったし、ミス(9回無死一塁から犠打で併殺打)をしていたので打ててうれしかった」と喜んだ。さらに1死一、二塁とし福岡の右中間三塁打で2点を追加。来季から小宮山悟氏にバトンを託し、今季がラストシーズンの高橋広監督は「終盤でよくつないでくれた」とうなずいた。

 ▼法大・青木久典監督(3点のリードを守れず)先発の高田は頑張ってくれたけどね。代え時が難しかった。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年9月10日のニュース