PR:

早大、小宮山次期監督観戦も黒星発進…高橋監督「選手に動揺ない」

東京六大学野球秋季リーグ戦第1週第1日 1回戦   法大5―1早大 ( 2018年9月8日    神宮 )

<法大・早大>8回1死一、二塁 投手交代を告げマウンドに行く早大・高橋監督(撮影・久冨木 修)
Photo By スポニチ

 エースの小島和哉(4年=浦和学院)がつかまり、打線もわずか3安打1点。早大・高橋広監督は「5回の2点が痛かったね」と、無死二、三塁のピンチが2死までこぎつけながら浴びた適時打を悔やんだ。

 すでに来季の監督に小宮山悟氏の就任が発表された。4年間の任期、今シーズンが最後となる同監督は無念の表情で初戦を振り返った。「まあ、選手も薄々私が最後というのはわかっていたでしょうし、動揺はないと思いますよ。いつもやることは一緒だし目標(優勝)も一緒だから、特別選手には話はしませんでした」と今回の交代劇を振り返った。

 法大の1年生・三浦銀二(福大大濠)のストレートに振り負け8三振を喫した。8月のブラジル遠征は試合→移動の連続で練習量が少なかった影響も感じさせた。ネット裏には小宮山悟氏も観戦に訪れた。「私は稲門倶楽部(OB会)副会長として高橋監督、選手をバックアップする立場です」と就任会見で話したように、早大関係者と最後まで試合を見守った。

 高橋監督就任1年目の15年秋以来の優勝を目指す早大。胴上げして送り出せるか、9日の2回戦からの巻き返しにかかっている。

[ 2018年9月8日 18:32 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:11月17日04時〜05時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      カレッジスポーツ

      特集・コラム