大谷、19号勝ち越し3ラン!今季2度目の3戦連発 城島抜き日本選手1年目単独最多

[ 2018年9月8日 09:53 ]

ア・リーグ   エンゼルス5―2ホワイトソックス ( 2018年9月7日    シカゴ )

<ホワイトソックス・エンゼルス>3回1死一、二塁、19号3ランを放つ大谷(撮影・会津 智海)
Photo By スポニチ

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)が7日(日本時間8日)、敵地シカゴでのホワイトソックス戦に「5番・DH」で先発出場し、3回の第2打席で今季2度目の3戦連発となる19号3ランを放った。メジャー1年目の日本人選手の19本塁打は、06年の城島健司(マリナーズ)の18本を抜いて単独最多となった。この日の大谷は4打数1安打3打点。チームは5−2で快勝した。

 相手先発は左腕、カルロス・ロドン。0−1で迎えた3回の第2打席。アップトンの中犠飛で同点に追い付き、なおも1死一、二塁の好機の場面だった。2ボールから、151キロの直球を捉え、センター右へ。中堅の差し出したグラブごとオーバーフェンスする勝ち越しの3ランとなった。

 大谷の3試合連続本塁打は、4月3、4、6日(同4、5、7日)に放って以来、今季2度目となる。

 2回無死1塁の第1打席は1ボール2ストライクと追い込まれて遊ゴロ。先頭で入った5回の第3打席は四球。同じく先頭の7回の第4打席は、3番手の左腕、バマーを相手に空振り三振。3たび先頭で入った9回の第5打席は、4番手右腕・ゴメスを前に見逃し三振に倒れた。

 大谷は5日(同6日)に受けた精密検査で右肘じん帯に新たな損傷が判明し、手術を勧告された。今後については、球団と10日(同11日)に話し合う。投手として苦境に立たされながらも、同日のレンジャーズ戦に「3番・DH」でフル出場。4安打3打点で17、18号アーチを放った。

 ▽06年の城島健司 ソフトバンクから日本選手初のメジャー捕手としてマリナーズ入り。開幕戦の4月3日エンゼルス戦で第2打席に初安打を本塁打で記録した。9月19日に03年松井秀を超える17号。同24日に18号を打った。144試合出場で打率.291。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2018年9月8日のニュース