ヤクルトまた借金生活 樹理7回1失点も無援 青木は途中交代

[ 2018年9月8日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト1―4DeNA ( 2018年9月7日    横浜 )

力投する先発・原(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 7回1失点に抑えた原の好投は実らず、ヤクルトは2連敗で3日以来の借金生活となった。原はシュートを武器に6回まで2安打。7回に1点を失ったが、なお1死二、三塁で2者連続三振を奪った。

 だが青木が背中の張りで3回の守備から交代した打線は、井納の前に7回まで二塁すら踏めず。青木は病院には行かず大事には至らない様子だが、小川監督は「原がいい投球をしてくれたのに、もったいなかった」と渋い表情だった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「田中将大」特集記事

2018年9月8日のニュース