天皇賜杯全日本軟式野球開会式 佐藤病院・大泉主将が宣誓

[ 2018年9月8日 05:30 ]

選手宣誓をする佐藤病院の大泉真央主将
Photo By スポニチ

 社会人軟式野球の最高峰「天皇賜杯第73回全日本軟式野球大会ENEOSトーナメント」(全日本軟式野球連盟、スポーツニッポン新聞社主催)の開会式が7日、山形県のきらやかスタジアムで行われ、55チーム(北海道2チームは地震の影響で到着できず)が入場行進を行った。

 山形県代表・佐藤病院の大泉真央主将が「全国の仲間と山形の地で戦えることが本当に幸せです。野球ができることに感謝し、後世に引き継がれる大会にすることを誓います」と力強く選手宣誓。大会は8日から12日まで、荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがたなど8会場で開催される。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月8日のニュース