ロッテ3連敗で5位転落 打線が…井口監督「中軸がおとなしすぎる」

[ 2018年9月2日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―4日本ハム ( 2018年9月1日    ZOZOマリン )

<ロ・日>厳しい表情の井口監督(左)(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテは3連敗で8月16日以来の5位転落。借金は今季最多の7となった。

 2回に鈴木の2戦連発の4号2ランで先制したが、3回にボルシンガーが近藤の中前適時打などで追いつかれ、6回にはレアードにカーブを左翼席に運ばれた。右手の違和感で8月18日以来の先発で5回2/3で3失点。リーグトップ13勝右腕は「ホームランは失投だった」と悔しがった。井口監督は「ボルシンガーは試合をつくったが、中軸がおとなしすぎる」とわずか3安打の打線を嘆いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年9月2日のニュース